「楽園からの帰還」について

0 -
山文京伝先生の短編作品「楽園からの帰還」の掲載誌「コミックホットミルク濃いめ vol.010」の電子配信が、本日・6月10日に開始されました(書籍販売開始日:2018/05/22)ので、eBookJapanで購入いたしました。

さて、今回の「楽園からの帰還」について、ですが...。
COMIC HOTMILK 2009年4月号に掲載された(5ちゃんねるの掲示板「エロ漫画小説」->「山文京伝について」スレッドのテンプレートより)「無人島」の続編ということのようです。

商業誌に掲載された短編作品の続編が描かれる、それも10年近く経ってから...という点で珍しいというか、もしかすると初めてのことではないかと思います。
それだけ「無人島」という作品に対する山文先生の強い思い入れがあったということかもしれませんが、今回、過去の作品に関連した作品を描かれたということで、もしかすると「しあわせ」や「OBSERVER」といった作品の、いわゆる「過程」にまつわるお話を描いていただけるようなことがないだろうか...と私の心はちょっとだけざわついたりするのでした...。


024

出典:コアマガジン・コミックホットミルク濃いめ vol.010 ~ 山文京伝「楽園からの帰還」
電子書籍:ebookjapan・ウェブサイト ~ コミックホットミルク濃いめ vol.010
https://www.ebookjapan.jp/ebj/388996/volume10/
                                                ”


無人島」のエンディングでは、ハンスと交合うシモーヌが我を忘れて「ハンス・・・っ、ああ ハンス好きよっ、愛してるわっ」「夫や子供なんかよりずっと好きなのっ」と叫ぶのを、息子・マイクが救援に向かう船の中で無線を通して聞かされるシーンが描かれていました。

そして、救出されたシモーヌとハンスが戻ってくるところから「楽園からの帰還」がスタートします。
この時点で、マイクは母が自分をいじめていたハンスに寝取られたことを知っており、当然、胸を掻きむしられる思いで疑心暗鬼になるのですが...。
帰還を果たした母さんはなにごともなかったように」「以前と同じ母の顔に戻り生活を始めた」シモーヌの姿を見てマイクは、極限状態の中でふたりきりで暮らすうち、母はやむなくハンスに体を開いたのだと、しかたのないことだったのだと自分に言い聞かせ、「なにもかも元通りだ・・・」と自分で自分を納得させようとします。

しかし、ふとふり返った時に、自宅の方向に向かうハンスの姿を見たマイクはその後をつけ、そして...。
-・・・そんなこと・・・ないよね・・・」という切ない願いは無残に裏切られ、「ハンスのためならあの子だって・・・っ」「マイクだって・・・いつでも私・・・っ」「捨てられるから・・・っ(ハート)」という母の叫びを聞き、「あの日までの母はもう・・・けして帰っては来ないのだと・・・」「あの頃の母には・・・・・・・・」「もう二度と会えないのだと・・・・・・・・」「ハッキリとボクはそう・・・理解した・・・」と...。

そして、「ほどなくして-・・・」「母は妊娠した・・・
しかし、やがて生まれてくる子どもは、母に自分よりも深く深く愛されるであろうことがわかっていても、マイクは何も語ることができず、ただそれを見つめることしかできない...。

これでもか、というほどのど真ん中のストレート、息子・寝取られの王道ではないか、と思う半面、「無人島」では、こうなったらまあしかたないよなぁ、と思わせるような状況設定がされていたことや、ハンスがそこそこ「いい子」で漂着以前のマイクに対する鬼畜ぶりが描かれていないことから、「楽園からの帰還」での寝取られ感がやや薄まり、まだ幼いマイクの「母の喪失感」だけがクローズアップされているように感じられるのが惜しいなぁ...と思ってしまいます。

山文先生が「山姫の実(無印・増ページ版)」のあとがきで書かれていた「主人公のホゾをかむようなくやしさとやるせなさ」というのとは、少し違うかなぁ...という感じです。
これが「取引...」の「after」版だったらどうだったかなぁ...と、「瑠璃色のそら」の子捨てバッドエンドがトラウマになっているくせに、鬼畜なことをふと考えてしまったりして...。

今回も「eBookJapan」で電子書籍を購入したのですが、ページの端が白くなって切れてしまっているページが何ページかあった(このたびの引用画像もそのうちの1P)ので、気になって「DMM電子書籍.R18」の単話販売ページのサンプルと比較してみたのですが、「DMM電子書籍.R18」で公開されているサンプル冒頭4Pでは適切に処理されているページの端部分が、「eBookJapan」の電子書籍では、1,2,4Pでちょっと雑な処理が目立つような気がしました。(個人の感想です。気にならない人には全然気にならないかも...。)
う~ん、素人の自炊じゃないんで、もう少しかんばってもらえれば...と思います。->「eBookJapan」様。

それでは、今夜はこのあたりで...。
ごきげんよう、さようなら...。
関連記事
ページトップ